バス釣りには何が必要?いくらかかる?

最初に準備しておきたいバス釣り道具

バス釣り初心者が一番最初に購入したいのが、竿(ロッド)です。

初めてやるのであれば、スピニングロッドという仕掛けを遠くに投げるのに適しているもので、硬さはML(ミディアムライトアクション)からはじめましょう。

長さについては、短い方が扱いやすいと言われているのですが、できるだけ長く使う事も考えると最初は6.6フィートくらいがベストです。

次にリールですが、先にスピニングロッドを選択しているので、必然的にスピニングリールを購入することになります。

太さにもいろいろと種類があり、バス釣りのポイントによっても変わるので、これは購入時にスタッフの方に聞いてみると良いでしょう。

ちなみに糸(ライン)は、5~6ポンドで100メートルのラインが良いと思います。

そして、最も悩む方の多いルアー(疑似餌)ですが、最初はソフトタイプのワームから初めてみましょう。

最初からハードを購入してしまうと、初心者はルアーを引っ掛けてダメにしてしまうこともあるので、慣れてきたら挑戦するのがオススメです。

フック(針)は好みが分かれやすいので、最初はマスバリやオフセットフックを購入し、慣れてきたら自分好みのフックを探しましょう。

最初はワームを使用するので重りはなくてもOKですが、投げが気になるという方は「角砂糖を指すとめちゃくちゃ飛ぶ」という経験談もあるので、備えて行ってみましょう。

予算に余裕がある場合は、あると便利な道具も揃えるのがベストです。

たとえば、細かい道具を入れておくための「バス釣り用バッグ」、ワームなどを収納する「タックルケース」、バスをフックから外したりシンカーを付ける時に使う「プライヤー」などがあります。

ただ、この辺りは絶対的なものではないので、予算一杯の場合は無理をしなくてOKです。

バス釣り技術のステップアップにも最適

バス釣りの道具を最初に集める際、どのくらい費用が掛かるのか気になるところですが、一般的な初心者の予算は平均2万円と言われています。

これだけあれば基本的な道具は揃えられますし、もう少し予算を抑えたいのであれば中古の道具を購入するという手段もあります。

どれを購入すれば良いのか分からなければ、バス釣り雑誌やスタッフの意見を参考にしてみましょう。

また、バス釣りをやっている友人がいるのであれば、最初に使っている道具を借りるという方法でも構いません。

バス釣りは自分の出来る範囲で無理なく始めるのが、長続きの秘訣です。