バス釣りはどのポイントへ行けばいい?

自然のバス釣りポイントの種類

自然に作られたバス釣りポイントとしてメジャーなのが、河川や天然湖です。

河川では、規模の大小に関わらず、基本的には下流部分にバスが生息しています。

常に川の流れが起こっているので、引きが強く感じられるのが特徴です。

水門がある場合には、その影響によってバスの動き方が変わると言われているので、その点も攻略する要素になります。

天然湖は、火山活動や地形変動などによって自然にできた場所で、「富士五湖」「霞ヶ浦」「琵琶湖」「芦ノ湖」などが有名です。

山上にある湖は基本的には水質がクリアで、南下したり平地になれば濁っていることもあります。

なだらかな傾斜、急深など様々な地形が楽しめるのも面白いところです。

湖よりも規模が小さいものを「沼」と呼びますが、水深1メートル前後と浅瀬でのバス釣りになります。

水生植物が生えている場所がバスの生息地なので、比較的ポイントを見つけやすいでしょう。

また、沼はエサとなる甲殻類も豊富なので、コンディション良好なバスがたくさんいます。

人工のバス釣りポイントの種類

人工的なバス釣りポイントで代表的なのは、ダム湖(人造湖)でしょう。

山間部に多くあるバス釣りポイントで、水質はクリアなことが多くなっています。

基本は岸際でバス釣りを楽しみますが、中流~下流部分では急に水深が深くなるなどの変化もあります。

小さな釣り場で楽しみたいという場合には、野池があります。

人工的に作られた釣り場なのですが、ポイントの中では割と手軽に行けることもあって、バスの数が少なく、小型ばかりということも珍しくありません。

ただ、あまり知られていない隠れポイントを見つけると、驚くほど爆釣りできることもあるので、発掘を楽しみたい方にはおすすめです。